システムアップ

プロンプターのシステム例

プロジェクター(投影)方式

講演・会見時の場合

プロジェクター方式のプロンプターの場合、講演・会見の際には、演台または演台のすぐ近くに、プロジェクション式(投影、映写式)のプロンプター(ハーフミラー)を置きます。
ビデオカメラで撮影する場合には、ハーフミラーがない場合のプロンプターの場合は、カメラにプロンプターモニター取り付けることになります。しかし、演台のすぐそばにプロンプター(ハーフミラー)があるため、カメラで撮影していても視線の固定がなく、観客に訴えかけたりアクションをしたりすることもできます。
少し前になりますが、日本では細川護煕首相(当時)が用い、一躍プロンプターが有名になったことがあります。


プレゼンテーションの場合

プレゼンテーション用途では、プロンプターの原稿用と別に、もう1台のPCを準備して、「登壇者が話す用」「参加者に見せる資料用」とプレゼンに臨むということができます。
話す原稿はプロンプターにのみ投影し、登壇者にしか見えないようにします。また、参加者に見せる資料はマイクロソフトのPower Point等で作成し、参加者と演者が同じ画面を見ることができるようにすることが多いです。



プロンプターのシステムアップ

スピーチプロンプター

記者発表・株主総会・プレゼンテーション等での使用

オバマ大統領や日本の総理がテレビの記者会見などで、使用しているのがスピーチプロンプターです。 その仕掛は電子カンニングペーパーで、パソコンから顔の前の透明なガラス板に文字が映る仕組みになっています。
演説や記者会見、プレゼンテーションなどは講演者にとっては非常に大きなプレッシャーです。そこで、原稿をハーフミラーで映し出し不安のないステージを演出することができます

カメラプロンプター

テレビ番組制作・コンサート・プレゼンテーション等での使用

テレビ制作現場では紙によるカンニングペーパーでの指示出し作業が多いです。
当社のシステムはコンピューターによりテキストデーターを入力しモニターで映し出すことにより最小限のシステムで プロンプターが完成します。
モニターの数、大きさなどは自由に選ぶことが可能です

システムの説明

   

テーブルの上に市販の液晶テレビ(ディスプレイ)をセットして、影でお手持ちのパソコンから遠隔操作をします。
※パソコンとモニターTVの間にスキャンコンバーターが必要になります。
※液晶モニターは6インチから9インチ位でも十分に文字を確認するとができます。(黒バックに白文字)
※表示文字をカラーパレットで簡単に色文字 にする事ができます。

演台などを使用しての、記者発表やプレゼンテーションの場合は、本人が、演台の上にノートパソコンをセットして、ご自分で操作する事も可能です。
※プロンプターソフトウェアのみ必要です

非常にシンプルな操作によって表示されますので、自分自身の操作でも問題ありません。特別な専用機は必要ないため、とてもシンプルでセッティング の時間もかかりません。

お問い合わせフォーム