ページワンが選ばれる理由

ページワンが選ばれる理由

海外で定番「プロンプター」

海外では、記者会見や講演など大勢の人の前で話しをする場合「スピーチプロンプター」を使用することが一般的です。しかし日本では「大がかりで使い勝手が悪い…」「コストパフォーマンスが悪い…」などの理由でニーズがあるにも関わらずあまり国内では広まっていません。
ページワンのスピーチプロンプターシステムは、海外の製品に比べ、価格も半額以下というコストパフォーマンスを実現いたしました。
さらにセットアップは非常に簡単で、誰もがご利用可能です。また、聴衆側からはハーフミラーが透明なパネルのため違和感がありません。


テレプロンプターを日本で、
「ほぼ初めて」開発した会社

当社は1993年どこよりも早く、先駆者として日本人にあったプロンプターソフトウェアを開発しました。
そのソフトウェアは、NHKをはじめとしたテレビ番組の制作現場(NHK「思い出のメロディー」「紅白歌合戦」「歌謡コンサート」「BS日本のうた」など音楽番組)、有名歌手(五木ひろし、吉幾三、森進一など)のコンサート、その他イベント制作現場などで使用され、現在も歌番組を中心にテレプロンプターは使用されています。

一般企業1,000社導入実績

映像関係・舞台・イベント制作会社関係だけでなく、結婚式場、ホテル、コンベンションホールや研修施設、一般企業、官公庁…など、、数多くの一般企業が導入し、記者会見や株主総会等でも使用されています。


選ばれるポイント

実績

累計1,000社以上に導入

実績1社目は、NHK様(参照 開発秘話)となります。その後、テレプロンプターに加えスピーチプロンプターもラインナップに加わりました。放送業界だけでなく、有名一般企業、自治体、学校をはじめ累計1,000社以上にご導入いただいています。
また、「Prompter Duo」ソフトウェア(無料)、アプリはすでに12,000ダウンロードを超え、皆さまにご利用頂いております。

【導入実績】

松下電器産業(株)、パイオニア(株)、日産車体(株)、(株)日本航空、NTT西日本(株)、ビー・エム・ダブリュー(株)、日本アイ・ビー・エム(株)、横河電機(株)、キリンビール(株)、(株)ホンダアクセス 、フマキラー(株)、三井不動産(株) 他 (※順不同)

スピーチが成功する

専用ソフトで使いやすい

運用ノウハウ

プロンプターを効果的に使うことで、スピーチが聴衆に伝わり、スピーチを目的の成功に導きます。
またソフトは、日本語に合わせた、日本人のスピーチが成功するように開発しました。緊急対応もできる「カード式」、時間制限にあわせて一定のスピードで表示される「スクロール式」など、場面にあわせて選択できます。そして横書きだけでなく縦書きにも対応するなど、活用シーンや利用者の年代を問わずご利用いただけます。

安心のハードウェア

国内生産で安心

持ち運びOK

プロンプター台座 台座とハーフミラーを繋ぐ伸縮棒、ハーフミラーなどもすべて国内生産。組立も国内でしており、安心のハードウェアです。また、重量も重くないため、持ち運びも簡単。またハーフミラー部が、ガラスではなくアクリル製なので軽くて割れにくいという高品質のプロンプターです。この品質はページワンだからできることです。
お問い合わせフォーム